超高齢者の介護に必須である大人用のおむつの適切な選び方について

Sitemap

Diapers for Adults

超高齢者の介護には大人用のおむつは必須

笑顔の女性

ご高齢の方が「漏れる~」と騒いでいたり、股間を抑えたままトイレに駆け込んでいく姿を見た経験はありせんか?病気の方、身動きがとりにくい方や補助を得ないと生活が辛い方は、大人用のおむつやおむつ型のパッドなど進んで受け入れるでしょう。しかし、気が強くプライドや気位の高い方は、全部一人で行おうとして他人の補助を得ようとしません。
70歳くらいの高齢者ならまだ物の分別がつきます。補助はまだでも、他者のアドバイスを聞き入れようとするでしょう。しかし90歳以降の超高齢者で認識が曖昧、マイルール維持、気位だけが高い方は年を追うごとに嫌がって手に負えなくなります。
トイレに間に合わず漏らし放題、パンツや下履きへの付着や劣化、もし認知が進んでしまったなら注意の意味が分からず激怒して全く聞き入れません。自分の介護経験からですが、最悪の場合汚れたパンツをそのまま隠して糞を投げます。
排泄に難儀している方だけではなく、そんな超高齢者に最適なのが大人用のおむつです。意思疎通ができない、目が悪い、覚えていない方でしたらパンツタイプのおむつが良いでしょう。すぐに履けるし、両横を千切って脱がせるので片足立ちさせずに済みます。女性には柄物を渡して「ビニールの便利なパンツ」と言っておけば誤魔化せますよ。
体力が落ち寝たきりや座りっぱなしになる可能性も高いので、早めに慣れさせた方が良いですよ。その有無で後の介護の辛さが変わります。

TOP