超高齢者の介護に必須である大人用のおむつの適切な選び方について

Sitemap

Diapers for Adults

Information

大人用おむつの性能と使い方

大人用おむつの基本的な性能と使い方を知っている人はなかなかいません。そこで大人用おむつの基本的なことを述べていきたいと思います。
大人用おむつは、その名の通り大人のおむつです。高齢者や要介護者などみずから排泄困難な人に着用され使用されます。主に外側に着けるアウターと内側に着けるインナーがあります。この2つを組み合わせて大人用おむつといいます。
どのようなおむつが良いのかということですが、アウターから説明しましょう。アウター選びで重要になってくるのは頻尿回数です。頻尿回数が比較的少ない方にはパンツ型が快適に過ごせると思います。逆に、頻尿回数が多いという方にはテープで止めるタイプのアウターになります。テープ型は嫌がる人が多いので初めはパンツ型から慣れていくことをおすすめします。インナーもパンツ型とテープで止める型の二通りがあります。インナーには基本的に尿取りパットがついています。なのでアウターとのバランスを考えて使わないと使用者が嫌がったり、苦しい思いをしてしまいます。インナーでテープ型を使用するならアウターはパンツ型、などとバランスを考えてあげることが重要です。
実は大人用おむつは、高齢者だけではなく酒癖が悪く粗相してしまう方にも有効です。アウターだけでもいいので飲み会前に着用することで粗相を防げる効果があります。大人おむつは、要介護者や高齢者だけに使用するものではなくなっているのです。

男性にも受け入れられやすい大人用おむつ

スーパーやドラッグストア、またちょっと大きめの病院の売店には必ず置かれている大人用おむつ。介護をする上で、一日たりともおむつを欠かすことができないという方も多いのではないでしょうか。とはいえ、これまでちゃんとご自身でトイレに行くことができていたのに、病気や高齢が原因で大人用おむつを余儀なくされてしまった人にとって、おむつをすることに強い抵抗感を覚える方もたくさんいらっしゃいます。
割合としては女性よりも男性の方が特に大人用おむつに対して強い抵抗感を感じる率が高く、一つの要因としては女性の場合、若い時からナプキンなどの生理用品を使ってきたため比較的違和感を感じることが少ないからだそうです。特にプライドが高い男性の場合、大人用おむつをつけるよう説得するだけでも非常に骨が折れ、受け入れてもらえないことも。
しかし、そこはさすがメイドイン・ジャパン。最近では、そんな大人用おむつを嫌厭されている男性にも受け入れられやすい商品が数多くメーカーから発売されています。とりわけ最近のおむつは、以前までのようにゴワゴワとした、ズボンを履いていてもおむつをしていることが分かりそうなタイプではなく、本当に下着と変わらないくらい薄型の物が多いです。それでいて、吸収率は変わらないかむしろ良くなっているのだから驚きです。
また大人用おむつのパッケージのデザインも、お年寄りの絵ではなくあえて若い人の絵が描かれるなど、デザイン面でも配慮が行き届いています。

大人用おむつの臭い対策

大人用おむつを使用している際に使用済みのおむつの破棄方法に悩む方も多いと思います。特に気になるのは臭いでは無いでしょうか。これから気になるおむつの臭いを軽減出来る方法をご紹介します。
まず、介護者がおむつを交換する場合は、おむつを丸めた後に新聞紙でおむつを包みます。さらにビニール袋に入れて口をしっかり閉じます。その後ゴミ箱に破棄します。新聞紙は湿気や臭いを吸う効果があります。また、おむつ専用の臭いを閉じ込めるビニール袋も販売されています。ビニール袋は自治体の廃棄方法によっては使用不可なこともあるので事前に確認が必要です。
そしておむつを着用する本人がトイレで交換する場合は、トイレに小さめなゴミ箱と、新聞紙で作った袋を用意しておき、取り替えた後は新聞紙の袋に入れてからゴミ箱に捨ててもらいます。介護者は、定期的にゴミ箱のおむつを取り出して廃棄用のゴミ箱に移します。
廃棄用ゴミ箱の臭い対策ですが、蓋付きのゴミ箱を用意して、そのまま廃棄出来るようにビニール袋を敷いて(自治体のゴミ袋など)新聞紙を敷き詰めます。(臭い対策と捨てるときのプライバシー配慮)蓋の裏などにおむつ用の消臭剤を貼るか、スプレータイプの消臭剤を空けるときに吹き付けます。大人用おむつ専用のゴミ箱なども販売されているので活用するのも良いと思います。
このように、大人用おむつの臭いは一工夫するだけで解消することが出来るので、実施してみてはいかがでしょうか。

TOP